体育レッスンや療育レッスンのお試しパックもあります
TEL:052-482-4448
運動レッスンについてのお問い合わせ
あそび力を重視した体操教室スキップ
スキップの体育教室 運動療育への取り組み レッスンスタジオ「プレジャーアリーナ」 実績 会員様の声 インストラクター紹介 スポーツファクトリースキップとは よくあるご質問 体育レッスンのお問い合わせ `トップページに戻る
取材履歴
NHK「あさイチ」
 
NHKの「あさイチ」という番組でスキップが取材されました。特集コーナーで取り上げられ、指導する男の子(優太郎君)と共に取材を受けました。9歳の会員様(優太郎君)と共に取材を受けましたが、運動会のかけっこトレーニングを行い、速くなるテクニックと共にスキップのプレジャートレーニングをご紹介しました。

放映されたデータをそのままお見せできれば一番いいのですが、放映権や著作権の問題などで動画を掲載することが出来ません。代わりに放映された内容を流れでご紹介させていただきます。(意訳の翻訳となりますので、多少内容のニュアンスが違うこともありますがご了承ください。)
NHK取材
NHK取材
NHK取材
NHK取材
NHK取材
NHK取材
NHK取材
スタジオ
井ノ原快彦さん
さぁ、まずはこちらの話題からです。松田利仁亜くん、お願いします。
松田アナウンサー
おはようございまーす。秋真っ只中ですよね。来週月曜日には体育の日がありますし、運動会シーズンでもあります。そんなスポーツの秋…我が子に頑張って欲しいという親御さんに今人気の、体育の家庭教師についてお伝えをしていきます。
井ノ原快彦さん
今?家庭教師?
松田アナウンサー
今、これが続々と出てきているそうなんです。どんなものなんでしょうか?…ご覧ください。
スキッププレジャーアリーナ
ナレーション
訪ねたのは名古屋。廃校になった小学校の校舎が格安で使える、市の起業支援施設になっています。ここに体育の家庭教師を派遣する会社があります。
松田アナウンサー
学校の雰囲気が残ってますねー。…こちらがそうです。こんにちは、失礼しまーす。
ナレーション
5年前にこの会社を作った江原直紀さん。ここ2年で依頼が2倍以上に増えているそうです。

講師は主に体育学部に通う大学生や卒業生です。苦手な子が多い逆上がりや水泳などが人気で、基本料金は1時間5,800円です。北京オリンピックで5位入賞した体操選手にも、基本料金に500円プラスすれば教えてもらうことも出来ます。

秋の運動会シーズン。次々とやってくる依頼が「かけっこ」対策です。我が子を少しでも早く走れるようにして欲しいという、親からの切実な申し込みが相次ぎます。
スキップ江原
やっぱり一大イベントなんでしょうね。みんなが着目している中で栄光をうちの子に感じさせたいという想いも、やはりあるんじゃないでしょうか?
かけっこトレーニング
ナレーション
一体どんなトレーニングをするのか見せてもらうことにしました。今日の講師は吉田佳那子さん。中学、高校の体育の教員免許を持っています。

依頼主の奥田さん親子と自宅近くの公園で待ち合わせです。
松田アナウンサー
優太郎くんですね?
お母さん
はい、お願いします。
優太郎くん
お願いします。
ナレーション
今日の生徒は小学校3年生の優太郎くんです。
お母さん
今度の土曜日が運動会なので、そこでいい成績が出たら、一番本人が自信がつくかなと思って。
松田アナウンサー
速くなりたい?
優太郎くん
うん
ナレーション
それではトレーニング開始!1時間でどれだけ速く走れるようになるんでしょうか?
スキップ 吉田
ヨーイ…ピッ!
優太郎くん
(優太郎くん、一生懸命走る)
ナレーション
まずは50m走。優太郎くんのタイムを計ると共にフォームをチェックします。
スキップ 吉田
最初11秒でーす。
ナレーション
3年生の平均、10秒19より少し遅め…これが大きく変わるそうです。優太郎くんの走りを見て、吉田先生がまず注目したのが「腕の振り」でした。
スキップ 吉田
今、腕がさー、走っている時に腕がしっかり振れていないから、腕の振りの練習をします。
ナレーション
腕をしっかり振ることで上半身が安定し、よりスムーズに足を動かすことができると言います。優太郎くん、猛練習です。

次に注目したのが、スタートした直後の姿勢です。
スキップ 吉田
体がこうやって縦のままだと、風をいっぱい受けちゃって遅くなっちゃうの。しっかりと体を倒した方がいいんだって…はい、平均台!
ナレーション
ここで吉田先生が取り出した秘密兵器が小さな平均台です。
スキップ 吉田
限界まで倒れて一歩出す。
ナレーション
台の上に乗って、倒れこむように走り出す練習を行います。
スキップ 吉田
そうそうそうそう、倒れる倒れる倒れる…。
ナレーション
前傾姿勢で走る感覚を身に付けさせます。
スキップ 吉田
そうそうそうそう、いいじゃん!いいじゃん!今の良かった!よし、計ってみようか?
優太郎くん
うん。
スキップ 吉田
いくよー。ヨーイ…ピッ!
優太郎くん
(優太郎くん、一生懸命走る)
ナレーション
最後に50m走…この日は他にも瞬発力を鍛える運動もしました。11秒だったタイムはどうなるんでしょうか?
松田アナウンサー
どうですかー?…9秒88!
井ノ原快彦さん
へー!
有働アナウンサー
1秒違う!
ナレーション
トレーニング前の走りに比べて、前傾姿勢で腕をしっかり振って走ることが出来ています。
松田アナウンサー
速くなった!1秒縮まった!
優太郎くん
嬉しい!
松田アナウンサー
嬉しい?
お母さん
やっぱりプロの人は違うなと想いました。
松田アナウンサー
(運動会の目標は)どんな目標ですか?
優太郎くん
1位になりたい!
運動会当日
ナレーション
家庭教師に教わった3日後、運動会の日がやってきました。間もなく優太郎くんの出番…スタート位置へと向かいます。
お母さん
あー、ドキドキします!
ナレーション
75mを4人で走る徒競走。優太郎くん、目標の1位は取れるのでしょうか?
優太郎くん
(優太郎くん、スタート!)
ナレーション
特訓したスタートはまずます。腕もよく振れていて、2位につけています。
お母さん
いい走りだー。あー優太郎、頑張れー、頑張れー、頑張れー!もうちょっと、もうちょっと…。
ナレーション
ゴールしました。順位は2位と目標には届きませんでしたが、母親の佐智子さんは笑顔です。
お母さん
これも1つの方法かなって…本当に正直に。家庭教師の先生に教えてもらってっていうのも。運動会までに自分で色んな想いを持てたり、優太郎に対しても色んな言葉がけができたので…。楽しかったです!
松田アナウンサー
どうだった?レース終わって。
優太郎くん
悔しかった!
松田アナウンサー
悔しかった?そうかー、また今度走る練習してみたい?
優太郎くん
うん!速くなったから。また速くなりたいから!
スタジオ
井ノ原快彦さん
はー、今こういうのがあるんですねー。
松田アナウンサー
でも、結果が出てるわけですよね。今回の徒競走は1位の子はリレーの選手だったそうで、残念ながら2位だったんですけどもね。
有働アナウンサー
悔しかったっていうね、発言が出るんだよね。
松田アナウンサー
控えめなおとなしい子なので、ああいうこともなかなかこれまで言わなかったそうですけど。
柳澤解説委員
確かにね、教科ごとに家庭教師がいるっていうのはわかるんだけど、今みたいなものって学校の体育の時間で教えてくれなくなってるのかなー?って気がしたの。
有働アナウンサー
1人1人に合わせてっていうのが難しいんじゃないですか?
松田アナウンサー
ですよねー。フォームどうだー?なんて、そこまではなかなか学校で教えてくれませんよね。というので、人気があるのかもしれません。

で、体育の家庭教師なんですけど、運動会だけでなくて、部活動でレギュラーを取りたいという親御さんからの依頼もある…もっとレベルアップしたいという依頼もあったりするそうなんです。他にもユニークな依頼があって、例えばバク転を教えてくださいという、コレ小学校の先生からのオファーというか依頼だったそうです。
柳澤解説委員
小学校の先生が出来るように?
松田アナウンサー
小学校の先生が、体育の家庭教師の先生に教えて欲しいとお願いしたんです。
井ノ原快彦さん
生徒の前で教えられるように?
松田アナウンサー
努力すれば出来るということを見せたかったし、諦めちゃいけないっていうのを教えるために。
柳澤解説委員
僕だって中学校の時、1人で全部覚えたよ、バク転は。
井ノ原快彦さん
出来たんですか?バク転。
柳澤解説委員
出来たよ。布団を重ねてさ、それで後ろにやって…。
井ノ原快彦さん
そうそう、布団とか芝生で練習したもんですよ。
松田アナウンサー
こうやって教えてくれもするそうです。

で、こういうのもあるんですけれど…スポーツ観戦!お子さんがスポーツ観戦に行くのに親が野球のルールがわからないので話し相手になれないと。なので、一緒に見に行って話し相手になってくださいなんて依頼も…これ家庭教師かな?って気もしなくはないですけど。
井ノ原快彦さん
なんだよ、それー。やだ、そういうの。
柳澤解説委員
親が一緒に勉強すればいいじゃない。
井ノ原快彦さん
一緒に学べばいいじゃないですか。
松田アナウンサー
まぁ、そうい依頼もあると。親御さんが忙しかったりもするそうなんですよね。
井ノ原快彦さん
成り立っちゃってんですね。忙しかったりするからか…。
松田アナウンサー
ちなみにご紹介した所では、初回に登録料、保険料などとして3万円くらい先に払って、その上で1時間5,800円というシステムになっているそうです。
柳澤解説委員
時代なのかなー?
井ノ原快彦さん
時代に合わせて、色んなことがね…。
松田アナウンサー
ご紹介したのは名古屋ですけれども、東京では20社くらいあって、大都市中心に増えていっているということでした。
井ノ原快彦さん
なるほどねー。
柳澤解説委員
僕ら、ちょっと教えること出来るんじゃない?色々と。(井ノ原さんを指して)バク転、教えられるし!
井ノ原快彦さん
バク転、教えますよ!
有働アナウンサー
私、スポーツ観戦つきあえるかも?
井ノ原快彦さん
あー、そうですよねー。解説もしてくれるの?
柳澤解説委員
僕も教えられるよ。
井ノ原快彦さん
何を?
柳澤解説委員
あのー、無線の…。
有働アナウンサー
無線と運動会、全然関係ない!
柳澤解説委員
アンテナの作り方とか…。
井ノ原快彦さん
いや、そういうの誰も教えてくれませんからね。
有働アナウンサー
需要があるかどうか…。
柳澤解説委員
ご指名があれば。
松田アナウンサー
いろんなご意見がありますが、体育の家庭教師をご紹介しました。
今回、初めて私が取材をお受けすることになりました。運動会に向けてのかけっこレッスンということで、走り込みを中心に行いました。普段のレッスンを行えばいいのですが、やはりカメラが回ると緊張しました。お子さんも緊張しておりましたが、真面目に一生懸命取り組んでくれました。

また、違う業種で仕事をしている方々と身近で接し、意識の高さや考え方などにも刺激を受けました。今回はとても緊張しましたが、学ぶことも多く良い経験をさせていただいたなと思います。
スポーツファクトリースキップ 吉田佳那子
運動会のかけっこ対策のご依頼でしたので、速く走るためのテクニックとプレジャートレーニングをご紹介させていただきました。 放映されたものを動画でご紹介できると良いのですが、色々と問題があるようです。なので流れだけでも楽しんでください。また、会員の方には録画したビデオテープをお貸しすることも可能です。

スキップではこの他にもTV、ラジオ、新聞、雑誌等の取材申し込みをお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。ぜひこの事業を多くの人に知っていただき、スポーツ、運動嫌いの子が居なくなるように願っています。取材のお問い合わせはこちら