体育・スポーツの家庭教師 スポーツファクトリースキップ 運動も体育も「楽しい」「うれしい」「面白い」を通じて伸ばします


スポーツファクトリースキップ 代表 江原直紀
スポーツも勉強も「楽しい事」というのが本質です。体育の家庭教師といっても、スキップでは笑いの絶えない指導を目指しています。
スポーツファクトリースキップを是非ご利用下さい。
>> スキップについて
スキップの実績
テレビやラジオ取材
スキップスキースクール
親子のふれあい「親子体操」
講師のご依頼
幼稚園・保育園の園内体育指導
学生スタッフ募集
江原直紀公式ブログ「一生、わらべ心。」
スキップスタッフ研修2009
スキップスタッフ研修2009年10月30日より11月3日までスキップのスタッフ研修としてハワイへ行って参りました。ハワイを選んだ理由としては、指導者として人(子ども達)をひきつけるために何が必要かを考え、工夫し実行する、人に喜んでもらい感動してもらう…そんな理由からハロウィンを体験してもらおうと考えました。(もちろん慰安目的もあるのですが…。)

スタッフらは事前にコスチュームを考え、言葉もわからない諸外国の方々に声をかけられては、写真をたくさん撮ってもらっていました。異文化の人とパレードを通してふれあい、言葉の国境を越えて如何に自分が楽しむか、如何に人を楽しませるかを考える良いきっかけになったのではないかと思います。

フリータイムでも色々なオプションを経験する事で、ガイドやトレーナーなど「楽しませる事に全力を注いでいる人たち」から学び、「体育家庭教師」である前に「あそびインストラクター」として今後のレッスンで子ども達とどう接すればよいかを学べた5日間であったと思います。
 
研修の模様
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修 スキップスタッフ研修
スキップスタッフの感想
スキップのインストラクターも今回の研修を通して多くの驚きと感動、そして経験を得る事ができました。今回参加したスタッフ達の感想をご紹介します。
今回の研修で学んだ事は多くあります。その中の1つを選んで私のレポートにしたいと思います。それはハロウィンについてです。10月31日に行なわれたハロウィンパーティー…どこの国の方々もそれぞれ変装をし、街に繰り出していました。変装をしてそのキャラクターになりきる人、とにかく派手な格好をして注目を浴びている人など、様々な方がいました。

私の目的として、今回は客観的にハロウィンパーティーを楽しんで吸収しようと思っていました。時間が経つにつれ、どんな人に集まっていくのか。なぜ、この人はこんなに目立っているのかなどを考えるようになりました。これをスキップとして考えると、先生はある「キャラクター」となってきます。

もちろん私も「みつ先生」というキャラクターです。1人1人レッスンの仕方や進め方は違ってきます。いくら上手な先生の真似をしていても、その先生にはなれません。最初は真似から入ると思いますが、時間が経つにつれ壁にぶつかってきます。

今回のハロウィンパーティーを通じて、自分の「みつ先生」というキャラクターに何が足りないのか?どのようにしていけば良いのか?などのヒントが浮かんできました。これからのレッスンで、自分だけのキャラクターを見つけて、どんどん磨いていきたいと思います。
スポーツファクトリースキップ 末光 光敏
3泊5日で研修に参加してきました。一番のメインであったハロウィンでの仮装パレードでは、本場の仮装パレードを見て衝撃を受けました。自分の発想力、人を引き付ける力の無さを痛感しました。国や言語が違いますが人を引き付ける力がある人は、共通のものを持っています。人の心を掴んでいました。同時に、ありきたりな衣装ではなくインパクトのある衣装や、その場所だから見れる衣装を用意し、そして自分自身が入り込む…それを見た時、私自身感動の気持ちでいっぱいでした。

これは、普段子ども達と触れ合う中でも共通している事だと思います。どこでもできるようなレッスンや指導者の思いが入り込んでいないレッスンではなく、スキップだからできるレッスンやレッスンに入り込む事によって、子ども達の心を掴む事が重要だと感じました。

もう一つはスカイダイビングです。テレビでしか観た事がありませんでしたが、実際に体験してきました。飛ぶまでは、「恐怖」という感情も想像できないくらい予測できませんでした。しかし、実際に飛んだ後は達成感でいっぱいでした。

大人になるにつれて、初めて体験する事が少なくなってきます。しかし、子どもは毎日初めて目の辺りにする事に挑戦し、自分の経験として財産となるのです。これからも新しい事にチャレンジする気持ちを大切にしたいです。そして、子ども達にとって日々新しい挑戦をする大切さ、不安な気持ちを乗り越えた達成感を伝えられるような指導者になりたいと思いました。今回研修旅行で学んだ事を今後に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。
スポーツファクトリースキップ 西手 千晶
私が研修旅行を通して感じたのは、「引き付ける力」です。ハワイのカラカウア通りではストリートパフォーマーがたくさんおり、彼らは技術もさる事ながら、客の引き付け方法、引き付けた客を帰さない術、ガラの悪い客に絡まれた時に場の空気を壊さないようにかわす術など、勉強になる事が多々ありました。

ハロウィンパーティーでは初対面でも動じる事なく、話し掛けてくれる現地の人と触れ合い、アイズブレイクの方法を学ぶ事が出来ました。その事で自信を付け、一人でダイヤモンドヘッドに行った時も積極的に現地の人とコミュニケーションをはかる事が出来ました。今回の研修旅行で学んだ事をレッスンではもちろん、今後全ての事において活かしたいと思います。
スポーツファクトリースキップ 林 達也
今回のハワイ研修は初めて経験する事ばかりで、新たな自分に気付く事ができた研修でもありました。研修の主目的であったハロウィンでは、現地の人達は自分が楽しむ為、周りを楽します為に惜しみなく自分を出し、精一杯表現していて規模の違いを実感しました。ただただ圧倒され、自分を素直に表現するって楽しいなと感じました。

又、オプションで行ったスカイダイビングは、今までの自分では絶対にできなかったと思います。未知の世界で、やってみたら何か変わるかもと思い挑戦しました。「無理と思っていた事でもやれば出来る」と自慢できる経験ができました。言葉にする事が難しい程の感動と達成感…本当にやってよかったです。

研修でたくさんの経験をし、感じた事を今後のレッスンに活かす為、私はまず自分自身楽しみながら、それをオーバーなくらい表現し、運動の楽しさを伝えていきたいです。ハロウィンで出会った人やスカイダイビングのインストラクターが楽しさを伝えてくれたから、無理と思っていた事にも挑戦できたので、先生としてその役目ができるように、意識のアンテナを高く、これからも感性を磨きながらレッスンを行っていきたいです。
スポーツファクトリースキップ 吉田 佳那子
10月30日から11月3日の3泊5日、ハワイのオアフ島へ研修に行きました。主な目的はハロウィンに参加し、何故あんなに盛り上がるのかを見つけ、文化の違い等を学ぶ事でした。

まずハロウィンに参加した率直な感想は、発想のとても豊かな国だなぁ…でした。私は葉っぱの形に切った布を頭の上から腰の辺りまで服に縫い付け、葉っぱのおばけに扮してみました。しかし現地の方々の発想は、まさに「わらべ心」あふれるものばかりでした。何かに変装するだけでなく、何かを演じていたのです。自分の中で満足する変装をするだけで終わらず、周りも意識したパフォーマンスを行う…この2つが盛り上がるポイントだったのではないかと思いました。

オプションで行ったスカイダイビングでも、緊張して固まってしまっていた人達に現地のインストラクターさんは「スカイダイビングは初めてかい?実は僕も初めてなんだよ!」といった冗談を言って和ませていました。このように周りを意識した楽しませるパフォーマンスをしていました。

それらから、何でも盛り上がる為には自分は勿論、周り全体も楽しめなくてはならないと気付きました。「好きこそものの上手なれ」という言葉が日本には昔からありますが、確かに好きになれば上達に大きく影響します。盛り上がり楽しめるレッスンを行えば、もし嫌いなスポーツでも上達できます。そこで、これからのレッスンではこれを活かし、より多くの子ども達にスポーツの楽しさを伝えていけるよう頑張りたいと思います。
スポーツファクトリースキップ 西村 克己
 
スキップでは定期的なスタッフ研修のほか、今回のような海外研修も行っております。「楽しい」を一番に考えた「あそび力」重視の体育指導を受けてみたいと思ったら、是非スキップにお問い合わせ下さい。スキップの理念を多くの人に知って頂き、スポーツ、運動嫌いの子が居なくなるように願っています。
>> 体育指導のお問い合わせはこちら
 
>> スキップの実績に戻る
 
  更新履歴サイトマップ | リンク
   
体育・スポーツの家庭教師 スポーツファクトリースキップ お電話でのお問い合わせは052-482-4448まで
お問い合わせはこちらからどうぞ
 〒453-0811 愛知県名古屋市中村区太閤通9丁目19番地 2F
 E-mail:info@sf-skip.com